オナニーに女性の手足口病危険性を誤る

p>と<一般オナニーの男性が女性より、しかし調査によると、格差は存在せず、女性自慰の現象も広く存在したら、女性は一体どう扱い自慰の現象ですか­

から自慰有害論を現代性学の挑戦と批判の後、その道の人を助けることがまるで寝返りを打つ農奴歌のように性高采烈気炎を吐く.しかし、私達も殘念に発見して、今や性自慰の研究課題に、男自慰はずっと性学者たちが注目のホットスポットと焦点で、女性のオナニーはほとんど忘れた隅

これは中世のヨーロッパと封建社会の中国で、女性が男に性欲を発散するか、または子孫にするツールです.男こそ性欲と高潮、女は享受性生活の権力を持ち、生活の楽しみを享受していない.そのため男の性問題は、正面のやはり反面、社会の幅広い関心や重視についても、社会の幅広い関心や重視.

事実上、女性のオナニーと男性の自慰と同様,広く存在しているが、男性よりもずっと隠しているだけだ.キンゼイ博士は、50年代に出版された女性性行為』では、大量の調査をもとに、説明した女性のオナニーと男性のオナニーに広く存在するだけでなく、社会と人ごみの中に,
最新早漏防止精力剤をご紹介します,手足口病、しかもガンダム62%.

中国有名な性学の専門家刘达临さんが1989年に司会の全国二万例的文明の調査報告によると、中国の女子大生の自慰率はじゅうろく.5%;刘达临さんの報告はまだ明らかに:男大学生と自慰は道徳や罪のわずか16%を占めて、女子学生がが45.1 %の、これらの誤った認識は女性に影響を与えるだけでなく、彼ら正常の性心理的発達を妨害した.

だから、女性は自分でセックスして自分で楽しむことを楽しみ、私たちはそれの四大特性上から再認識する必要があります.

女性がオナニーで楽しめる本能性

p>キンゼイ博士は「女性の普遍性オナニーを提示した後、多くの学者が確認された女性性をさらにオナニーと性交には人類の正常性行為は人の精神と生理にあるまじきいかなる損害.

事実の証明、女が朝駆けの駄賃;赤子の手を捻る地、楽しく愉快に達するオーガズム、彼女たちはいつたい,オーガズムはいつ来るの(数多くの女性は一回の自慰過程を達成することができます何度もオーガズム)は、間違いなく、女性のように自分の肉体を知って何を楽しむ、いらない人たちはどのようにして.

女性のための理由をオナニー­オーガズムの視点から見れば、最も重要な意義を理解女性欲の一つの鍵:オナニー活動はほとんどはいつも人に完成すると、大多数の情況の下で無人伝授、独学で習得した、オナニー純粋なフィードバックを提供する1種の源生物――

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です