手足口病の原因について

ー般に、人間の見た目は、同年齢であってもぐらいから「若く見える人」と「老けて見える人」の差が出てきます。 老化の原因はいろいろありますが、か大きいのは、やは各事のストレスや肉:(飲、睡眠不 足など)でしょう。つまり逆の言い方れば、老けているといぅことは、からだの内部で何かよくないことが起こっている 何よりのストレスのないは健やか貌ります。そしてそのストレスを「上体温」が緩和するのです。
のみなさんも「上体温」で、いつまで々しい見た目をしましょぅ。そぅすれば、もおのずとついてきます!
ここでは手足口病の原因について、詳しく説明しています。
手足口病の主な原因は、腸の中の腸管ウイルスであるコクサッキーA16ウイルスやその変異型、エンテロウイルス71の感染です。他にコクサッキーA6、9、10なども原因となることがあります。これらウイルスは発症までに潜伏期間を3~5日程要し、発症すると手足やお尻などに水疱性の発疹が出来て、時に発熱も伴う症状を引き起こします。
感染経路は、咳やくしゃみなどによる飛沫感染が主となりますが、ウイルスを直接触って起こる接触感染や、便の中に排泄された原因ウイルスが口に入って感染する糞口感染などでも感染します。特に5歳までの幼児期に起こりやすく、その時期に入所している保育園や幼稚園などの施設内において集団感染することが多くなります。また6~9月の夏時期に感染が広がることも特徴的な病気です。