手足口病の症状

手足口病は、口内や口の周辺、手足に水疱性の発疹が出る病気です。ウイルスの感染によって起こる感染症です。頭部には、外部の情報を収集する禊覚、感覚といった主感覚器宜が集中しています。それらの器官をいろいろな方向に向けて、情報をキャッチしようとしているのです。首の自在な動きを可能にしている のが頸椎です。7つの椎骨が連なって じゃばらのような役割を果たすことで、可動範囲を広げています。さら に首を動かすときの負担を、7つの椎骨に分散しているのです。

手足口病の原因は、コクサッキーウイルスA6、A16、エンテロウイルス71(EV71)と認め、その他にはコクサッキーウイルスA10が原因ともあります。頭部の重みを支える脊柱起立筋頸椎と並んで重要なはたらきをしているのが、首周辺の筋肉群、とくに首の後ろにある「脊柱起立筋」です。脊柱起立筋は、普段は頭部を起こし、必要な方向に向きを変え、その体勢を保つはたらきを担います。ているのが、首周辺の筋肉群、とくに首の後ろにある「脊柱起立筋」です。

手足口病の症状に関して、子どもの病気の多くが発熱や高熱を伴い、手足口病での発熱は約3割で高熱が出ることはほとんどありません。感染から数日後に口内や口の周辺、手や足に小さな水疱性発疹が現れます。肩こりをはじめとした首•肩周辺 のこりや痛みは、血行不良による 筋肉疲労であることが多いのです が、なかにはほかの病気の症状の ひとつとして肩のこりや痛みがあ らわれることもあります。何らか の病気による肩こりや痛みについ て解説し、その対策について述べ ていきます。脊柱起立筋は、普段は頭部を起こ し、必要な方向に向きを変え、その体勢を保つはたらきを担います。労しやすいことがおわかりいただけると思います。