男性各年齢段の手足口病保健の詳細

ディレクトリ

1章:男の各年齢段の生理期保健

第二章:男性の日常保健の細かい点

編者編者編者:編者編者編者:編者編者:男の体は女よりも強い、女よりも力がある.しかし男の体も不死身のでない、経久のない.だから、保健は女の人の特許ではない、男も同様に必要です.では、次は、小編集と一緒に男は各年齢の保健対策を.

p男はそれぞれ年齢段階で生理的に生理的に保健

P20歳~30歳:甘い甘い物、少量酒,手足口病、タバコを吸わないで

これは年齢段、男の体の新陳代謝が鈍化し始めて、甘いものは熱量が高すぎるため、脂肪になりやすいのは腹部に転化しやすくて、あるいはやめてやめてやめて.この年の男は仕事や友人の絶好のチャンス、ふだんの娯楽、酒の機会が多いので、少ない酒に注意して.

私は、肝臓ガン、口腔がんと喉頭がんの可能性、お酒が血圧上昇,心臓病や心筋梗塞につながる可能性があります.多くのアルコールは、大量のアルコールは、人体の精子に損害をもたらします.

タバコは吸わないで、喫煙はあなたの平均10年の寿命を減らします.タバコの増加の心血管疾患、肺がんや呼吸器疾患の恐れがあるので、この年齢のほうがいいように男を一時やめられないべきで、多く食べて、葱蒜ニンジン、ホウレンソウとオレンジ色の果物ろく、食べる魚類、よくお茶などを軽減し煙害.体をよく鍛えて、よく呼吸することができて、その利点はゆっくりと現れてくることができます.筋肉の老化を遅らせるために、多く運動をしなければならない.

しかし,運動項目の選択は学問がある、それよりも娯楽運動で高強度の訓練ではないと助けられ、それによって逆効果になる.この運動は体内の余った熱量の燃焼を促進し、正常な物質代謝を維持することができます.もし、このとき、時間をかけて体を鍛えるなら、70歳で体力が低下して三分の二に下がると.

この年齢の最優秀時機がある.統計によると、結婚して偶者の早死率は独身、丧偶と離婚者が低い.自分が最も適した職業を選んで、適当な職業は寿命に対して巨大な影響を与える.

さんじゅう歳-よんじゅう歳:切り替え、騒音防止、護の皮膚

に30歳、皮膚のたるみ、目の週りにしわが現れ始める.このときは、太陽、常に日焼けクリーム、皮膚の乾燥を防止.

これは年齢段の男性が直面している別問題は聴覚低下、これは仕事と生活環境中の騒音による.音楽オタクとしては、いくつもの重金属が聴き、騒音が大きい職場で仕事をすると、必ず耳栓をつける.

p血液中コレステロールの含有量は、年齢に従って上昇し、血管の低密度脂質物質を滯します

八大脳食品の手足口病最新ランキング

食を食べる容易に消化は栄養に富んだ食べ物を保証するために、十分な蛋白質、ビタミンB補助いくつか食べて、ビタミンCの食べ物や、コリンの食品例えば杏に富んで、バナナ、ブドウ、橙、魚、野菜なども一定の利点.濃い緑の葉の蛋白質の食品の新陳代謝は1種名して、その物質自身は体に対して無害で、しかし含有量は高すぎて認知障害と心臓病を引き起こすことができます.しかも、その半、酸が酸化し、動脈血管壁に毒副作用が発生することがある.ビタミンB
韓国痩せ薬 6あるいはビタミンBは、半種類が、ビタミンの含有量が最高です.魚魚の脂肪に含まれる神経係を保護作用のオメガ―さん脂肪酸を助け、健やかな脳.研究は、毎週少なくとも1回の魚の特にサーモン、いわしと靑魚の人、魚の人と比較して、老年認知症の発症率は低いことが少ない.魚は神経細胞の活動を強化するために、勉強と記憶能力を高めるために役立つということです.全麦制品と玄米は体の栄養吸収能力の最優秀ルートは食用玄米です.玄米に各種ビタミンが含まれ、認知能力にとって重要であるとしても.そのうちビタミンB 6が低下して酸のレベルが低下します.大蒜の脳活動のエネルギー源は主にブドウ糖に頼って、ブドウ糖に必要な作用を発揮するようにしたく、ビタミンB 1の存在が必要なビタミンB 1の存在を必要とします.にんにく自体はビタミンB 1が大量に含まれているということで、ビタミンB 1の作用を高めることができます.そのため、適当ににんにくを食べる、ブドウ糖が脳に転換することを促進することができます.卵の卵に含まれるタンパク質は天然の食品の中で最も優秀な蛋白質の一つで、人体の必要でアミノ酸に富んで,手足口病、卵黄レシチンを除くほか、豊富なカルシウム,燐、鉄、ビタミンA、D、Bなど、頭脳労働者は食用に適する.豆類や製品に必要な良質蛋白と8種類のアミノ酸、これらの物質は脳血管の機能を増強する機能があります.また、レシチン、豊富なビタミン、その他のミネラル、特に脳力に適しています.大豆に含まれる85.5%脂肪の不飽和脂肪酸、そのうちかつリノレン酸とリノール酸の含有量が多く、それらは低下人体内のコレステロールの役割は、中高年の頭脳労働者の心脳血管の病気の予防と抑制にとりわけ有益.クルミと胡麻現代研究発見、この2種類の物質は栄養が非常に豊富、特に飽和飽和脂肪分が高い.そのため、よく食べてよく食べる亜酸、亜麻酸などの分子が小さく不飽和脂肪酸を提供し,血管の中の不純物を排除し、脳の機能を高めます.また、くるみに大量のビタミンが含まれ、神経衰弱、不眠症、脳神経の緊張状態、脳疲労効果を解消する効果があります.果物のパイナップルにビタミンCと重要な微量元素のマンガンが豊富に富んで、人の記憶力に対して助けます;レモンは人の受け能力を高めることができます;バナナは脳に向って.